【予想 天皇賞・秋 2020】

投稿者: TEM 投稿日:

【天皇賞・秋 2020 予想】

コース特徴

コーナーは3回で、最後の直線は525.9mで、なだらかな坂があります。

天皇賞・秋は、速い時計の決着になることが多く、スピードのある馬の好走が目立ちます。

外枠がやや不利な印象ですが、今年は出走馬が12頭と少なので、例年ほど枠による不利は少ないでしょう。

【出走予定馬考察】

アーモンドアイ

前走の安田記念では、グランアレグリアに負けてしまいましたが、この馬のローテーションがきつかったことも影響したのでしょう。

去年圧勝しているレースなので、重馬場などにならなければ今年もパフォーマンスを上げてきそうです。

良馬場なら問題なく走るでしょう。

クロノジェネシス

タフな馬場の宝塚記念で圧勝しましたが、タフな馬場が得意なこの馬にはかなり向いたレースでした。

もし今回、速い時計の出やすいレースになれば、危険な人気馬になる可能性は高いです。

フィエールマン

中距離戦では、差して届かないレースが多い馬です。

今回も差して届かない可能性があります。

【展開予想】

※展開予想は、枠順が発表されてから更新します。

逃げ : ⑫

先行 : ③⑪

先行 : ④⑨

差し : ⑦⑧

差し : ①⑤⑩

追込 : ②⑥

(スローペース)

【推奨馬と買い目】

※推奨馬と買い目は、レース当日に更新します。

◎アーモンドアイ

◯ダノンプレミアム

▲クロノジェネシス

(買い目)

(⑪ ダノンプレミアム 複勝)

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。

レース後に、天皇賞・秋2020のレース回顧記事の公開を予定しています。

わたくし、TEMのブログ、【TEM 競馬】に興味を持たれた方は、下記のバナーよりクリックしていただき、応援よろしくお願いします。


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 予想

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP