【予想 京都大賞典 2020】

投稿者: TEM 投稿日:

【京都大賞典 2020 予想】

コース特徴

コーナーが4回の、外回りコースを使用します。

最後の直線は404mで、坂はなく平坦です。

秋の京都競馬場の開幕週に行われる京都大賞典は、馬場の状態がいい為、内枠の馬が恵まれることが多いです。

今年も例年のように馬場の状態がよければ、内枠の馬を優先に予想すべきでしょう。

【出走予定馬考察】

キセキ

G1でも何度も好走している実績馬ですが、年齢が6歳、ハンデ57kg、さらに阪神大賞典のように出遅れる可能性もある為、人気になるようなら無理に狙う必要はないでしょう。

グローリーヴェイズ

海外G1を勝つほどの実力がある馬ですが、前走の宝塚記念での大敗は、不調を思わせる負け方でした。

ハンデも58kgと、トップハンデもあり、よほど展開が恵まれなければ、今回は軽視してもいいかと思います。

ステイフーリッシュ

G2でも十分通用する能力があり、まだ年齢も5歳、ハンデも56kgと今回はチャンスのある馬です。

先行できる脚質もいいですが、オールカマーからの中一週のローテーションだけが不安材料です。

【展開予想】

※展開予想は、枠順が発表されてから更新します。

逃げ : ①

先行 : ⑥⑪⑰

先行 : ②⑤⑧

差し : ④⑭⑮

差し : ③⑨⑬

追込 : ⑦⑩⑫⑯

(ミドルペース)

【推奨馬と買い目】

※推奨馬と買い目は、レース当日に更新します。

◎ステイフーリッシュ

◯アイスバブル

▲キングオブコージ

(買い目)

(⑭ アイスバブル 複勝)

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。

レース後に、京都大賞典2020のレース回顧記事の公開を予定しています。

わたくし、TEMのブログ、【TEM 競馬】に興味を持たれた方は、下記のバナーよりクリックしていただき、応援よろしくお願いします。


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 予想

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP