【予想 エルム S 2020】

投稿者: TEM 投稿日:

【エルム S 2020 予想】

コース特徴

最後の直線は264mで、コーナーは緩いカーブとなっています。

コーナーが大回りですが、内枠の先行馬が有利な傾向があります。

特にこのエルムSでは、前有利の傾向が顕著で、昨年2019年のエルムSこそハイペースとなり後方からも届きましたが、その他の近年のエルムSでは、4コーナーで3番手以内にいた馬での決着がほとんどです。

【出走予定馬考察】

タイムフライヤー

G1のフェブラリーSで5着、前走の函館ダートオープン戦のマリーンSを圧勝しているので調子、能力ともに申し分ないでしょう。

差し馬なので、逃げ、先行馬が有利な今回のエルムSでは、割り引く必要があるでしょう。

ウェスタールンド

8歳という高齢馬ですが、前走はダート重賞のアンタレスSを勝利しています。

追い込み馬という極端な脚質なので、差し、追い込み有利なレースでしか基本的に狙えないタイプなので今回は評価し難いでしょう。

エアスピネル

前走のプロキオンSでは芝からダートへ転向して初戦でしたが、2着と健闘しました。

前走1400mである程度の位置を取れているので、今回もそれほど後ろにはならないでしょうからそれなりの競馬はできそうです。

アナザートゥルース

先行馬で、能力的にも問題ないですが、58kgというハンデがどうかです。

さらに、1800m以上での距離での好走が多いので、1700mのスピードについていけるかという不安要素もあります。

ハイランドピーク

2018年のエルムSの覇者です。

近走もトップハンデを背負いながらオープンクラスで好走していますので調子は悪くないでしょう。

人気どころでは一番不安要素の少ない馬です。

【展開予想】

※展開予想は、枠順が発表されてから更新します。

(ミドルペース)

逃げ : ⑥

先行 : ⑦⑩⑪

先行 : ①⑫⑭

差し : ②⑨

差し : ⑤⑬

追込 : ③④⑧

逃げ、先行馬が有利です。

【推奨馬と買い目】

※推奨馬と買い目は、レース当日に更新します。

◎アルクトス

◯リアンヴェリテ

▲ワイルドカード

★アナザートゥルース

△ハイランドピーク

(買い目)

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。

レース後に、エルムS2020のレース回顧記事の公開を予定しています。

わたくし、TEMのブログ、【TEM 競馬】に興味を持たれた方は、下記のバナーよりクリックしていただき、応援よろしくお願いします。


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 予想

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です