【予想 安田記念 2020】

投稿者: TEM 投稿日:

【安田記念 2020 予想】

《コース特徴》

 コーナーが2回あり、最初の3コーナーまでは直線で542m(Aコース)あります。

3〜4コーナーにかけて下り坂となっていて、直線に入ると途中から上り坂となっています。

最後の直線距離は525.9mと中央競馬の中では2番目に長い直線となっています。 

《馬場傾向》

今週の東京競馬場の芝コースは、開催から7周目になり、先週に引き続きCコースが使用されます。

安田記念が行われる前日、土曜日の、1勝クラス以上の東京競馬場の芝のレース結果です。

※左から1着、2着、3着の順番で、( )内はコーナー通過順です。

【8R】 芝2300m 3歳上 1勝クラス

(スローペース)

(③②②②)、(①①①①)、(④④④④)


【9R】
 芝1800m 3歳上 1歳クラス

(スローペース)

(②③③)、(⑫⑩⑨)、(①①①)


【10R】
 芝1400m 3歳上 2勝クラス

(ミドルペース)

(⑥⑥)、(②②)、(①①)

馬場は内の状態がよく、前残りの馬場となっています

安田記念当日の天気は晴れ、馬場状態はそれほど悪化しないでしょう

《展開予想》

(ミドルペース)

逃げ : ⑫

先行 : ④⑩⑭

先行 : ①⑤⑥

差し : ②③⑨

差し : ⑦⑪

追込 : ⑧⑬

セイウンコウセイが逃げて、ミドルペースとなるでしょう。

頭数が14頭とそれほど多くなく、フラットなペースなので脚質の有利不利もあまりないでしょう。

前残りの馬場なので内枠の先行馬に有利な展開となりそうです。

《予想まとめ》

  • 先行馬
  • 内枠

以上が安田記念2020のポイントとなります。

【推奨馬】

 アーモンドアイ牝5

脚質も能力も文句なしの馬です。

出遅れなく普通に走れば全く問題なく勝てそうです。

 インディチャンプ(牡5

昨年の安田記念の覇者。

先行力がありますし枠もよく、今年も好走条件が揃っています。

 クルーガー牝8

8歳という高齢馬ですが、前走のダービーチャレンジトロフィーでは57kgというハンデを背負いながら、ハイペースを先行して完勝しました。

展開は向きそうですし、前走と同じくらいのパフォーマンスができれば好走も期待できます。

★ ① ダノンプレミアム(牡5

G1で何度も好走している先行馬です。

緩い流れのマイルや中距離での先行経験が多いことが不安で、本質的には中距離馬でしょう。

能力は確かですが、適性が合わないとして評価を落としています。

 ダノンキングリー(牡4

2000mでは行きたがってしまうこの馬はマイルの方が合っているでしょう。

距離短縮はプラスで前走よりパフォーマンスを上げる可能性はあるでしょう。

【買い目】

・複勝 ④ クルーガー2000円

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。

レース後に、安田記念のレース回顧記事の公開を予定しています。

わたくし、TEMのブログ、【TEM 競馬】に興味を持たれた方は、下記のバナーよりクリックしていただき、次週もブログを予想の参考までにしていただければと思います。

競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 予想

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です