【予想 中山記念 2020】

投稿者: TEM 投稿日:

【中山記念 2020 予想ポイント】



《コース特徴》



 


コーナーは4回の、最後の直線距離は310mと短く、急坂があります。

内で先行できる馬が有利な傾向にあります。

 

《馬場傾向》

 

今週から開幕週となる中山競馬場は、芝はAコースが使用されます。

中山記念前日土曜日の、1勝クラス以上の中山競馬場の芝のレース結果です。

※左から1着、2着、3着の順番で、( )内はコーナー通過順です。



9R 芝1800m 3歳 牝 1勝クラス 

(スローペース)

(②③④③)、(②②②②)、(⑧⑤③③)



10R 芝1800m 4歳上 2勝クラス 

(スローペース)

①(⑥⑥⑥④)、(④④④④)、(②②②②)


1R 芝2500m 4歳上 3勝クラス

(スローペース)

(⑧⑧⑧⑦)、(⑥⑥⑤⑤)、(⑪⑩⑩⑩)



内の状態がよく、内で控えた馬が最後直線で内から伸びてくる場面が多かったです。

内枠が有利な馬場といえます。

《展開予想》


(スローペース)

逃げ : ⑥

先行 : ①③④

差し : ⑤⑦⑧

追い込み : ②⑨

逃げ馬のマルターズアポジーが先手を奪い、2番手にはソウルスターリングダノンキングリーが続くでしょうか。少頭数ですし、ペースは落ち着きスローペースでしょう。

先行馬が有利な展開となりそうです。

《予想まとめ》


・先行馬
・内枠

以上2点が中山記念の予想において、重要なポイントとなります。

内枠に先行馬がいれば、積極的に狙うのがよさそうです。

【推奨馬】



 ダノンキングリー (牡4)先行

 

前走のマイルchでは最内枠からスタートし、最後の直線は、荒れた内の馬場を通り伸びずに負けてしまいました。

先行力はありますし、今回の中山記念のメンバーの脚質や枠を考慮すれば、十分に勝機はあります。

特に、他の実力のあるG1馬と比べると斤量が56kgと恵まれているのもプラス材料です。

 インディチャンプ(牡5) 先行

 

去年、2019年の最優秀短距離馬で、安田記念とマイルchを勝ちました。

先行力があり、枠も最高なのですが、58kgという斤量がマイナス材料で、評価を一つ落としました。

 

 ソウルスターリング(牝6)先行

 

3歳のクラシックではトップクラスの実力を持っていた馬です。

3歳秋以降は成績が振るわず、近2走も出走取り消しと、軽視してしまいがちなタイプですが、先行力あり、枠も内め、斤量も54kgと条件としてはかなり恵まれています。

穴としてはかなり面白い存在です。


 

 ラッキーライラック(牝5)差し

 

昨年の中山記念では2着と好走しました。

今年は昨年よりも、斤量は53kgから55kg、枠は内枠ではない、と条件が厳しくなり評価を下げています。

過信は危険な馬です。

△  ペルシアンナイト (牡6)差し

 

G1馬ですし、素直に能力を評価しています。

うまく内で脚を溜めることができれば、いい脚で伸びてきそうですが、展開が向くとは思えず、運が良くて3着でしょうか。

【買い目】

 

 ダノンキングリー  単勝








競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 予想

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です