【ポイント】

《馬場傾向》

京都競馬場の天気は晴れ予報、恐らくレースは良馬場開催でしょう。今週からCコースへと変わる京都競馬場の芝コースですが、先週までのBコースの傾向では、内から差してくる馬の好走が目立ちました。今週もこの傾向は続いており、馬場傾向としては、内を通った差し馬が恵まれそうです。

◎内差し 

《展開》

マイスタイルがハナを主張し、スローペースで逃げると思われます。2番手以降はある程度固まって、直線での末脚勝負になりそうです。内枠の先行馬、差し馬が有利となりそうです。

◎内枠、先行馬、差し馬 

《適正、血統》

マイルCSは、同じマイルG1である、安田記念とは適正が違います。ラップがあまり緩むことなく、最後まで脚を持続させる必要のある安田記念に対して、3コーナーから4コーナーにかけて坂がある為、レースの中盤が緩みやすく、脚をためて、最後の直線で速い上がりを使うことが求められるレースがマイルCSです。こういったレースに強いのがディープインパクト産駒で、同産駒の、差し馬がいれば狙えます。

◎ディープインパクト産駒

【推奨馬】

 ダノンキングリー

クラシックでは、皐月賞3着、ダービー2着と世代トップクラスの力のある馬。毎日王冠での差し脚は、馬場に恵まれたこともありますが、それでも十分な内容でした。今回の舞台は、展開、適性、能力どれをとってもベストです。本命です。

◯  レッドオルガ

前走の富士sはディープ産駒が苦手な荒れた馬場で、外伸びの馬場で内枠、ヴィクトリアマイルでは、内で詰まって失速、阪神牝馬sは前残りのレースを外から差して届かずと、ここ3走はまともな競馬ができていません。東京新聞杯で安田記念の覇者インディチャンプの2着と、ここでも通用する可能性はあります。不安は若手騎手ということですが、展開や血統などを考慮しても、期待できる一頭です。

10 アルアイン

前走は枠が厳しいところになってしまいました。昨年の3着馬ですし、騎手がムーア騎手というのも非常に心強いです。

14 ダノンプレミアム

いうまでもなく、能力はG1級のディープ産駒。ただローテーションが、前走から中二週ということ、そして外枠になってしまったというところで評価を落としています。

 ペルシアンナイト

このレースの覇者であり、昨年も2着と得意なレースです。今年もまたいい枠に入りましたし、好走に期待できます。

【購入馬券】

※現在オッズ

単勝オッズ 2番人気 4.2

複勝オッズ 2番人気 1.7-2.3


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 予想

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です