展開

逃げ馬 パリンジェネシス

ミドルペース

ポイント

秋の開幕週となる京都競馬場ですが、基本的には内枠が有利と判断していいでしょう。少頭数になりやすい京都大賞典ですが、今年は17頭と珍しく多頭数で行われます。先行馬が揃っているメンバー構成となっている為、ペースはミドルペースと予想します。内で脚をためて、直線で切れる脚を使うという競馬ができる馬が、有利になりそうです。内枠で、スピードのある中距離型の差し馬が狙い目です。

 内枠

 中距離型の差し馬

推奨馬

 シルヴァンシャー

前走までの戦歴をみると、条件戦とはいえ、上がり最速で3連勝したのはかなり評価できる内容です。重賞初挑戦となるわけですが、いきなり通用してもおかしくはないです。

◯  エアウィンザー

もう少し内枠だと良かったのですが、能力も高いですし、これくらいなら好走できる範囲内でしょう。できるだけ内で控えるのが理想です。

10 ウラヌスチャーム

必ずいい脚で追い込み、重賞でも活躍しています。関東馬で牝馬ですが、条件的には合いそうですし期待できます。

 ノーブルマーズ

最高の枠を引きましたし、先行力もあり、差す競馬もできます。展開的にはかなり向きそうですが、年齢を考えて評価を落としています。

 エタリオウ

条件的に、もう少しスタミナを要する馬場の方があっていそうなだけに評価を下げました。G1でも通用する能力の持ち主なので、ここは勝てなくても、重馬場や冬場の中山など、条件の合いそうなレースに出走すれば、思い切って狙ってみたい馬です。

購入馬券

シルヴァンシャー 単・複

※現在オッズ

単勝オッズ 4番人気 10.6

複勝オッズ 5番人気 2.9-4.6


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です