展開

逃げ馬 ケイアイサクソニー

ミドルペース

ポイント

同コースで行われる古馬重賞の、シルクロードS、京阪杯と傾向はほぼ同じで、内枠のスピード馬が圧倒的に有利です。1400mの距離が持たなくても、1200mに対応できるスピードさえあれば問題ありません。逆に1400mで実績のある人気馬でも、スピード負けしたり、後方からの競馬になり届かないケースが多々あります。とにかく内枠のスピード馬を狙うのがベターです。また、斤量が重いと、スタートが悪くなるので、斤量はできるだけ軽い方が有利です。

 内枠

 スピード馬

 軽い斤量

推奨馬

 ケイアイサクソニー

最高の枠を引きましたし、前につけられれば勝ち負けでしょう。一番期待値の高い馬です。

 ディアンドル 

現時点では、かなり高い能力を持っています。不安要素は、休み明けと、斤量が他の牝馬よりも1kg見込まれてしまっているという二つですが、能力でカバーできるぐらいのポテンシャルはありそうです。

 ジャカランダシティ

芝1200mのオープン戦、福島2歳ステークスを勝っているように、スプリント戦にも対応できるスピードを持っています。前走のファルコンSから、距離短縮となる今回は期待できます。

10 エイティーンガール

1200m戦は得意そうなスピード型の馬。前走のFレビューでは距離が長かった印象があるので、今回は狙いどころではないでしょうか。

 アズマヘリテージ

新馬戦、小倉2歳S以来の1200m戦となりますが、重賞の小倉2歳Sでは2着と好走しています。前走の橘Sでは、距離が長い上に、不利な外を回されて6着なので、度外視できます。ただ先行力があまりないので、今回は積極的には推せない馬です。

購入馬券

ケイアイサクソニー 複勝

※現在オッズ 複勝オッズ 1番人気  1.4-1.6


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です