※2019年1月23日に公開した記事ですが、タイトルに誤りがありましたので、2019年2月12日に修正しました。アメリカンジョッキークラブではなく、正しくはアメリカジョッキークラブでした。
今週の重賞はAJCCと東海Sの二つがあります
出走馬が確定しましたがどちらも少頭数で
固めの決着が濃厚かと思われます
今週はAJCCの方をやります
フィエールマン、ジェネラーレウーノ
さらにはダンビュライトなどG1級の馬が出走を予定しています

主な出走馬

フィエールマン
昨年の菊花賞勝ち馬ですし能力は上位でしょう
一番人気になりそいうですが出遅れ癖があるので
危険な人気馬
ジェネラーレウーノ
京成杯、セントライト記念の勝利
皐月賞でも3着の中山巧者
安定した先行力と豊富なスタミナで
ここは勝てそうな絶好の舞台でしょうか
ダンビュライト
 
昨年の勝ち馬ですし能力も十分な馬
しか今年は強力なライバルがいるので
勝つのはちょっと厳しいのかなといった印象
シャケトラ
 
一昨年の有馬記念以来の出走
能力はあってもさすがにこれだけの休み明けでは厳しいでしょう
メートルダール
 
前走はハイペースでスタミナが持たなかったのでしょうか
距離は延長ですがスローペースになる今回なら巻き返しもありそうです
サクラアンプルール
中山は得意な馬ですし近走は好走が続いています
高齢馬でも怖い一頭です

レースの特徴

基本的には先行馬が有利で
ペースが流れれば差し馬の方が有利
枠はやや内が有利な印象
今年はメンバーを見る限りはスローぺースになると考えて
以下がポイントになりそうです
  先行馬
内枠
穴馬狙いより、人気でも能力の高い馬
カテゴリー: 競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です