先週は京都金杯で
ミエノサクシード 3着
の複勝を一点で仕留め、好ダッシュ、好スタートを決めることができました
しかしまだ目標の、月の回収率300%(月に最低4レースはやって)には
わずかですが、届いていないので気を抜かずに予想していきたいと思います

今週は重賞が3つありますが、
3歳牝馬戦のフェアリーS、
古馬の長距離路線の日経新春杯、
そして月曜祝日には3歳戦の京成杯が行われます
今年のクラシックに向けての3歳戦が始まり盛り上がるところですが
馬のデータの少ない2、3歳戦は基本的にやりません
観戦のみを楽しみます
ということで今週は日経新春杯をやります
それでは考察へ
【日経新春杯】

 展開

 ポイント

 該当馬

 まとめ 

 

 

展開

まだ出走馬は確定していませんが、出走予定馬をみると逃げ、先行馬が多いので
ミドルかハイペースが濃厚
出走してくれば、どこの枠からでもアイトーン逃げるのではないでしょうか
あとはメイショウテッコン 、アフリカンゴールドも前めでしょう
     

ポイント

多頭数でミドルペースなら、
内枠の中、長距離型の差し馬が有利
逃げ、先行馬は斤量に恵まれれば残れそうですが
やはり距離と馬場を考えるとインで脚を溜めて最後直線で
差してくるイメージ
長距離で馬場が重いこの時期の京都なので
牝馬なら切れるタイプより
長距離型やダートを走れるパワーとスタミナ型の馬がいいでしょう
 内枠
② 中、長距離型の差し馬
逃げ、先行馬は軽ハンデ

該当馬

◎ ムイトオブリガード

今回一番ハマりそうな馬
実績も適正もあり、脚質も考えればここは勝てそうなレース
○ グローリーヴェイズ




去年の菊花賞で大外枠から上がり最速で追い込んで5着
展開さえ向けば勝ち負けでしょう




▲ アフリカンゴールド

能力は高そうですが、軽ハンデの馬
多少ペースが流れる中で先行しても残れそうです


X ルックトゥワイス
素晴らしい末脚の持ち主ですが後方からの競馬が多い上に
持続力型の差し馬の為か、なかなか勝ち上がれなかった馬
長距離でペースが流れて差しが有利な展開になれば
出番でしょう
△ サラス



49kgと非常に魅力的な軽ハンデ
牝馬にしては馬格も馬体重もあるのでパワーとスタミナ型かと思われます
このクラスでやれるのかまだ能力は未知数ですが
まだ4歳馬なので成長に期待したいです

まとめ

出走メンバーと枠順が発表され次第
最終予想を公開します
メイン予想以外の注目馬
特になし


最強競馬ブログランキングへ

v>

カテゴリー: 予想

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です