スポニチ賞京都金杯 2019 レース回顧

投稿者: TEM 投稿日:


《レース回顧

【スポニチ賞京都金杯 2019】






7番   ミエノサクシード 複勝


ー3着ー

 

まずは前回の記事で間違えて書いている箇所がありまして
深くお詫びを申し上げます
展開予想の欄で、キャンベルジュニアと書いてある箇所が
ありましたが実際は、キャンベルジュニアは出走していません
今後このようなことがないように
公開する際はもっと気をつけるよう心がけます
さてレース結果ですが見事複勝で狙ったミエノサクシードが3着に入線し
馬券的中となりました
配当は複勝でも1130円と
新年早々これはいいスタートを切れました
レースの内容についてですが
展開は予想通りミドルペース
ある程度は予想通りでしたが、以外と内枠の馬がそれほど
伸びず最後は外めからでも伸びました
それと馬場が京都にしては重めだったのか
時計も出ず、1600mより長い距離を得意としそうな
タフな馬が上位に食い込んでいる印象でした
1着 △パクスアメリカーナ
中団からやや前、外めを追走し、直線は馬場の真ん中あたりから伸びて勝利
いいポジションにつけられたのもありますが、かなりの能力の持ち主
今年は大阪杯、安田記念、天皇賞・秋のどれかは狙えるのではないでしょうか
2着 マイスタイル
この馬は非常にタフな馬ですね
ミドルペースで外から先行して粘ったのはすごいと思います
1800mくらいならかなり渋とそうですがそれ以上はちょっと厳しそうな印象
逆に1400以下ではスピード不足でついていけない可能性も
3着 ▲ミエノサクシード
脚質も能力も枠も申し分ないと思い選びましたが正解でした
中団の外めから最後はいい脚を使いました
展開としては一番向いたのではないでしょうか
年齢もありますのでまた重賞クラスに出走するのであれば
あまり期待しすぎず、慎重に選びたい馬です
回収率  2019
1月   1130%

年間     1130%
メイン予想以外の注目馬
去年から応援しているレイエスプランドルが明日の中山12Rに出走予定ですので
馬券は買わずに応援します
近走は今一ですがまだ見限れない怖い一頭です

v>

カテゴリー: 回顧

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です